+
iBooks電子カタログ制作

iBooksとは

iBooksは、Apple社製のiBooks Authorというオーサリングソフトで作成した、動画や画像ギャラリー、アニメを埋め込むことができる電子書籍です。iPadの基本アプリ「iBooks」で管理・閲覧することができます。当社は、この「iBooks」をiPad用の電子カタログとして応用しました。

こんなお悩みはございませんか?

  • iPadを導入したはいいが、使えるソフトがない。
  • 自社で作れないの?
  • PDFは飽きた。もっとインタラクティブなものが使いたい。
  • 自社の製品のメリットを視覚的に伝えたい。

テクノツリーがご提案します!

iBooksで御社独自の電子カタログに!

カタログや資料をたくさん持ち運べると思い導入されたiPad。使い方に困っている企業様は少なくありません。
iBooks Authorを使って、製品やサービス独自のご提案をさせていただきます。

自社で更新するものと、キラーコンテンツを区別しませんか?


例えば、パワーポイント資料など、自社で更新・運用したいものは、クラウドサービスをご利用いただくのが良いでしょう。
ただし、御社で一番力を入れたい製品やサービスなどは、キラーコンテンツとして専用のものを作成されることをご提案します。


iPadの持つ可能性

iPadの持つ可能性をiBooksで拡げます!

PDFの良いところは、気軽に扱うことができる点です。ただし、PDFは拡大縮小できることはありますが、結局は紙と同じ使い方。テクノツリーは、電子カタログで、動画やアニメなど、さまざまなインタラクティブ機能を使ったiBooks電子カタログをご提案します。

カラーバリエーションアプリ 画像スライドアプリ
参考動画(YouTube)はこちら 参考動画(YouTube)はこちら
電気代比較アプリ 仕様算出アプリ
参考動画(YouTube)はこちら 参考動画(YouTube)はこちら

 

こんな使い方ができます

iBooks Authorの主な機能と応用をご紹介します。
下記のような機能を使って、御社独自のコンテンツを作成します。


ギャラリー

たくさんの写真をスライドさせながら見せる機能です。
拡大縮小も可能なので、製品イメージや図面などを見せる場合に適しています。

参考動画(YouTube)はこちら


動画

タブレットで動画を見せるのは当たり前になりつつあります。
実際の現場の映像や、CG映像など、説明しづらい部分は動画が活躍します。

参考動画(YouTube)はこちら


その他(ポップオーバー、スクロール、3Dモデル)

ポップオーバーは、タッチすると製品などの補足説明に使えます。文章が入りきらない場合は、スクロールで解決。
また、3D-CADデータをモデルデータに変換して電子カタログで見ていただくことも可能です。

参考動画(YouTube)はこちら


さらに応用

基本機能を応用して、さらに下記のような機能を使うことも可能です。

ページリンク

製品のインデックスページを設け、各ページにリンクすることで好きなページにジャンプしていただけます。
省きたいページがあるときや、ページ数が増えた場合などに便利です。

参考動画(YouTube)はこちら


動画をボタンで制御

>製品の操作方法など、動画やアニメを順番に見せる必要があるときに使うと便利です。
いちいち再生ボタンを押さなくて済むので、スマートにトークと連携できます。

参考動画(YouTube)はこちら


ナレーションを利用

ショールームや展示会など、お客様に自由に見ていただく場合には、ナレーションを入れることもできます。
バックミュージックと連動することで、さまざまな演出が可能です。

参考動画(YouTube)はこちら


仕様などを絞り込む

お客様がほしい仕様や機種などを、選択形式で絞り込んでいく機能です。
概算の金額イメージをつかんでいただいたり、見積り用として使ったりすることもできます。

参考動画(YouTube)はこちら


メリット数値を比較

例えば電気代の比較や燃費の比較といった、メリット数値を比較する機能。
製品のメリットを数字とグラフなどで伝えることで、印象に強く残すことができます。

参考動画(YouTube)はこちら